最近までの流行りの習い事は、「スポーツクラブ」「英会話」「ヨガ」などが人気をよんでいました。

今では、働くOL達の中では「習い事」は当たり前の時代となっています。

そんな中、今回は少し変わった習い事をご紹介致します。

○カリグラフィー

日本の書道とは違い、アルファベットの書道の事を言います。

ヨーロッパ諸国では、街のありとあらゆる所で目撃することが出来ます。

例を上げると、「表札」や「お店の看板」などです。

カリグラフィーの歴史はかなり古く、古代6世紀ごろによ~ローパ諸国に修道院が設立され

写本が作られるようになった事が、その始まりと言われています。

時代と共に、印刷技術などが進歩し写本がなくなってきているのが現実なのですが

現在に至るまでに、色々な書体が生まれているのが現状です。

カリグラフィーは、専用のペンを用いて作業します。

先端のペンホルダーに、文字の大きさに合わせてペン先を差し替えてインクを使用し書いていきます。

カリグラフィーで難しい事は、書体を書く時の先端角度と文字の傾斜角度がきまっていると言う事です。

この2点を、一定で保つ事が出来れば美しいアルファベットが書けるのです。

現在の、ワープロ技術・デジタル加工技術が進む中で、みの周りからドンドンと

「手書き」という技術が減ってきています。

手書きならでわの、温かみを感じる事が少なくなりつつあります。

今の便利なパソコンを使用すれば、簡単に綺麗で正しい文字はかけますが、

質感や風合はいかがでしょうか?

ハンドメイドならではの、濃淡・インクのかすれ具合が出るのが

手書きである「カリグラフィー」の最大のみリョウクです。