無線LAN高速認証実験

総務省が、公衆無線LAN(Wi-Fi」で

インターネットに接続する時にかかる時間を

大幅に短縮出来る、新企画の実証実験をすると発表。

この実験をする京都大は、スマートフォン・タブレット端末で

インターネットの接続する際にかかってしまう

5段階手続きで3秒程必要とする時間を、一括処理することによって

時間が300分の1に短縮され、移動中でもストレス無く無線LANが

利用できるそうだ。

従来方式では、接続に時間がかかるうえに、接続エリアから

出てしまって使用出来なくなるケースがある。

新方式では、接続から認証の手続きが一括処理することから

0.01秒前後でネットが利用出来る。

さらに手続きにかかる情報のやり取りも簡略化されるために

ネットワークやサーバー側の負担が少なくなるという。

実用化すれば、電子看板や次世代送電網などの

幅広いジャンルへの応用が可能になるため

期待の意が集まっている。