アーロン・シュワルツ

あのネット業界で有名なアーロン・シュワルツさんが自殺した。

何と26歳の若さでこの世を去った。

アーロン・シュワルツさんは、政治活動家としても有名だった反面、政治活動を巡って、

違法行為の罪にも問われていた。

自分自身のブログに、長年悩ませ続けられた”うつ病”にも触れていた。

米ニューヨーク警視庁によると、自宅のアパート(ブルックリン)で11日の夜

首を吊って。死んでいるのが発見された。

14歳と言う若さで、RSSのフォーマットの作成に着手し、天才のプログラマーとして名を

響かせて、「情報の自由」を訴えネット活動家としても、有名だった。

アーロン・シュワルツ氏は、不正アクセスと、文書窃盗で罪に問われていた。

自殺した時点では、判決は出ていなく、有罪判決が出ていれば

最大35年の懲役と100万ドルの罰金の刑が課せられる可能性があった。

アーロン・シュワルツ氏の家族や友人の声明文の中には、

「アーロンの死は、個人的な悲劇ではない。威嚇と、検察のいきすぎに満ちた

米国の刑事司法制度の産物だ」と発表している。

裁判中に、かなりの疲労・労力が消耗していたと、親しい友人は、

訴えている。

アーロン・シュワルツ氏のウェブサイトのは、追悼ページが解説され、多数のメッセージが

寄せられ、アーロン・シュワルツ氏の死を悼む記事も投稿されている。