今日一番のニュースは、やはり日本人なら誰もが気になる「ノロウィルス」の話題です。

ノロウィルスとは、感染性胃腸炎の事で様々な種類がある。

2006年に流行した種類のノロウィルスが多くを占めていたが、今回は異変が起きている。

隣国である韓国も手段の食中毒が発生していた、

原因は、安東農協・豊山キムチ工場で生産されているキムチだった事が判明している。

このニュースが、日本のも激震を起こしている。

なぜかというと実は、この原因のキムチを日本が輸入している可能性が大だからです。

この話が本当ならば、今冬に日本で流行しているノロウィルスがキムチにも少なからず

あると言う事になります。

このノロウィルスの潜伏期間はというと、24時間から48時間と言われています。

どのような症状かと言いますと、下痢・嘔吐・吐き気・腹痛などがあります。

発熱や高熱はあまり出ませんが、家庭がある所では2次感染がかなり心配される。

特に小さいお子さん、高齢者の方などは特に注意が必要になる。

ノロウィルスは、アルコールなどの除菌が効果がないとされているため、

かなりの用心が必要になる。

予防としては、外出先から戻ったら「手洗いうがい」を徹底することを心がけ

感染しないように十分に注意をすることを気をつけて欲しい。