大気汚染用業務用マスク(N95規格)

今話題のニュースが「中国の大気汚染問題」だ。

この問題の「PM2・5とは一体何なのかというと、

空気中に舞う直径2・5マイクロメートル(1マイクロメートル)は1000分の1ミリ)

以下の微粒子状物質の事です。

直径でいうと、スギ花粉の12分の1とかなり細かく、

この英y高をもたらしている原因は、

車による、排気ガスや工場の煤煙などが要因として上げられている。

この坊対策としては、一般的な市販マスクでは粒子が細かすぎる為に

マスクから粒子を通してしまう為、米国の米国労働安全衛生研究所(NIOSH)の

発表で、「N95規格」をクリアした微粒子用の業務用マスクが良いとされています。

 

 

下記商品が「N95規格」対応のマスクになります。

 

 

 

日本にも、中国の大気汚染の影響を及ぼすピークは、

3月~6月頃と言われています。