中国大気汚染

まだまだ続く、中国の大気汚染問題が深刻化!!

去年の年末2012年12月31日で「クリーン宣伝」として

「北京市の待機の状況は大幅に改善され、今や過去14年で最高に澄みきった空気になった」

と報道されていた。

この大気汚染の原因としては、世界最大人口を誇る中国の約500万台にもなる

車両の排気ガス。今年の寒さの原因の石炭の使用料ピークによるものだ。

中国の北京市にある環境保護局は、この数値を毎日測定して。ホームページに公開している。

この指数の「100」は危険。「300」は人体にかなりの影響を及ぼす指数を示す。

しかし、各ヶ所では「500以上」や「450以上」しない西部にあtる中心地「西直門」では

なんと「933」という脅威の数字を記録確認した。

計測器の測る限度が超えている為、計測不能・計測器故障にまで至った。

専門家の話によると、「933」は即肺がん発症!!になってもおかしくない程のレベルだそうだ。

首都である北京市は大パニックである。

中国政府の対策が、必須不可欠である。