雛人形

木目込みの雛人形とは一体何のでしょうか?
詳しく説明していきますね。

木目込雛人形とは、そもそも胴体である
木製の溝のぶぶを彫り、彫った場所に
布地を端っこを埋め込み衣装を着せて
作る雛人形の事になります。

木目込み雛人形とは、今現在から約200年前に
京都の上賀茂神社に仕えていた神官さんが
柳の木で作った人形が最初だと言われています。