プレイステーション4

ソニー・コンピューターエンタテインメントは

米ニューヨークで、新型据え置き型ゲーム機の

「プレイステーション4」を業界関係者向けに

説明を開催した。

前回のプレイステーション3の後継機で、自分自身のプレー映像を

リアルタイムで友達と共有出来る情報共有機能をさらに強化した。

任天堂で新機種で「Wii U]や、マイクロソフトが年内に発売すると

されている新機種に対抗するそうだ。価格は未定。

ソニー・コンピューターエンタテインメントは役7年ぶりとなる

据え置き型ゲーム機である。

自分自身がプレイしたゲーム映像を、そのばでインターネット経由で

配信出来る機能を搭載。

その他に、友達と双方にゲームの情報や会話をやりとり出来る交流機能も

装備している。

プレイステーション3とコントローラーは同等で、指で使った操作方法が

特徴でタブレット端末との共有性も向上した。

プレイステーション3は、平成18年に国内で発売されたが、希望価格が49800円と

高かった事もあり、初代のプレイステーションからプレイステーション2に

移行した時の、爆発的な人気は得られなかった。

ライバルである任天堂が「Wii]を発売した影響もあるとしている。

今回のプレイステーション4の価格が気になる所である。